トップ > 不貞・不倫

不貞・不倫(浮気)について

そもそも不貞・不倫とはなんでしょうか?

不貞行為とは、要するに妻あるいは夫以外の相手と肉体関係を持つことです。
法律上には、「不倫」という言葉なく、「不貞行為」と言います。既婚者と不貞行為をした人に対して、その既婚者の妻や夫は、慰謝料を請求することができ ます。

芝神谷町法律事務所では、夫あるいは妻に不貞・不倫をされてしまった方からの請求はもちろん、相手の妻、あるいは夫から訴えられた方、慰謝料を請求され た方からのご相談を受け付けております。

それぞの立場の方をサポートします

以下に該当する方はぜひご相談ください。

浮気をされてしまい、不倫相手に慰謝料を請求したい方
・どのような証拠があればよいのか、どうやって証拠を集めればよいのか分からない。
・浮気相手との交際をやめてほしい。
・どのように請求すればよいのか分からない。
・離婚手続きと同時にやってよいのか分からない。
・直接相手とやり取りをしたくない。
請求に必要な証拠集め、最適な請求の方法をサポートさせて頂きます。

1.交渉はすべて弁護士が行います

弁護士が、相手との交渉をすべて引き受けるので、当事者同士で直接話をする必要はありません。
交渉に同席して頂く必要もありません。

2.円滑に解決できます

男女問題の場合、本人同士での話し合いは、感情的になりがちであり長期化します。
弁護士が交渉することで円滑な解決を行うことできます。

3.慰謝料の減額や支払の拒否を交渉します

交渉により、慰謝料を妥当な金額まで減額します。
ケースによっては支払わなくてよくなる場合もあります。
また、応じなくてもよい要求については、弁護士においてブロックします。  
既婚者と浮気をして、相手の配偶者から慰謝料を請求された方
・不倫相手の配偶者から訴えられた。
・不倫相手の配偶者の弁護士から内容証明が来た。
・請求されている金額が大きすぎる。
・不倫相手が既婚者だとは知らなかった。
・不倫はしたけど、こちらにも言い分がある。
・自分の職場や家族に知られるのが怖い
・離婚すると聞いていた
・直接相手とやり取りをしたくない
交渉により、慰謝料を減額したり、ケースによっては支払わずにすみます。

1.交渉はすべて弁護士が行います

弁護士が、相手との交渉をすべて引き受けるので、当事者同士で直接話をする必要はありません。
交渉に同席して頂く必要もありません。

2.円滑に解決できます

男女問題の場合、本人同士での話し合いは、感情的になりがちであり、また、相手の対応が不誠実であることも多く長期化します。
弁護士が交渉にすることで円滑な解決を行うことできます。

3.確実な請求を行います。

どのような証拠が必要なのか、また、どのように証拠を集 めるのかについてサポートさせて頂きます。
また、請求方法を誤ると慰謝料を取ることができない場合があります。
豊富な経験に基づき、最適な手段、方法で請求を行います。 

ご相談に迷ったら、一度ご連絡いただければと思います。
おひとりで迷い続けるよりも新しい一歩を踏み出していただければと思います。
離婚・慰謝料のプロがご相談を真摯に受け止め、少しでも不安を解消したいと考えております。

無料相談